◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼品川神社▼ - 2011.12.02 Fri

品川神社01品川神社02品川神社03品川神社04

ナナモリ(楽3)s龍が巻きついているとても個性的な鳥居がある、東京都品川区北品川三丁目にある品川神社です。
東京十社の1つであり東海七福神の1社として大黒天を奉っています。

また同じ地区内にある荏原神社は「南の天王社」と呼ばれ、品川神社は「北の天王社」と称されています。


品川神社05品川神社06品川神社07品川神社08


ナナモリ(楽2)s御祭神は天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)配祀として素盞鳴尊宇賀之売命
また末社には阿那稲荷社、御嶽神社、清滝弁財天社、浅間神社、猿田彦神社があります。

後鳥羽天皇の頃、文治3年に源頼朝が海上交通の安全と祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請して品川大明神と称したのが始まりと伝えられています。


品川神社09品川神社10品川神社11品川神社12

ナナモリ(普b-01)s後の鎌倉末期に安房の国の守護職であった二階堂貞藤が宇賀之売命を勧請して社殿を再建し、文明10年には太田道灌が素盞鳴尊を勧請し天王祭りが始まったとされています。

また徳川家康が関が原へ出陣する前に此処で戦勝祈願をし、神前で太々神楽を奏で、戦勝後に神輿と面を奉納したといわれています。


品川神社13品川神社14品川神社15品川神社16

ナナモリ(楽2手2)s正面入り口の階段の左手には大きな富士塚が残されており、品川富士とも呼ばれています。

また境内社の阿那稲荷神社(あないなりじんじゃ)には「一粒萬倍の泉」という霊水が湧いて、「家業の繁栄を祈り印鑑、銭に霊水をそそぐが吉。又、持ち帰りて店の四隅入口にそそぎ、清く明るき心を持って商売するが吉。そそぎし銭の一部は門前商店街にて使用すると吉」といわれています。


品川神社17品川神社18品川神社19品川神社20


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは☆

三枚目のお写真の大黒天様…
(…で、いいんですよね?(*´д`*)???)
何だか、ノリノリで、楽しそう☆

先刻、jewelさんの記事のコメントのところで
猛スピードで、猛ダッシュされている
七森さんらしき人を見掛けましたが…(*´д`*)

┗ξ゚ε゚;ξ┓=3=3

人違いですよね?(*´д`*)???
だって、七森さんは
縦ロールのおしとやかな…(*´д`)e-266 ξ´-`ξe-420

Re: こんばんは☆

> のんびりマイマイ さん

こんばんわ☆

この大黒様は「イェーィ(・∀・)ノ」って
ほんと景気がよい感じで良いですね~(笑


猛ダッシュなんて気のせいですわξ´-`ξオホホ
走るだなんてはしたないですの…


あっヤカンのお湯が沸いてるっ!!┗ξ゚ε゚;ξ┓=3=3ズダダダダダーー

No title

龍ですか…珍しいですね~!!!
龍で思わず飛びつきました(^^)

阿那稲荷神社…お商売する人に、とってもご利益がありそうな神社ですね~\(^o^)/

Re: No title

> まりまりさん

鳥居に龍というのは珍しいですね~(´ー`)
本殿に龍の彫刻というのはままあるのですが。

きっとこのお水で宝くじを洗っている人も(-_☆)(笑


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/268-6b6ed1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある日々の~142 «  | BLOG TOP |  » *わたしの上にふる雪は*

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示