◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-09

▼倭姫宮▼ - 2012.01.06 Fri

倭姫宮01倭姫宮02倭姫宮03倭姫宮04


ナナモリ(楽2手2)s内宮外宮を結ぶ御幸道路の中ほどに倉田山があり、そこに皇大神宮別宮倭姫宮はあります。

この山には神宮徴古館・農業館・美術館・神宮文庫・皇学館大学等があり、これに接する4ヘクタールの常緑の森が当宮の宮域となっています。

伊勢の神宮創建に御尽力された倭姫命を祀る神社です。

倭姫宮05倭姫宮06倭姫宮07倭姫宮08


ナナモリ(笑)s御祭神は倭姫命

倭姫命天照大神を祀る宮を定めるため、数国を経たのち現在地に伊勢神宮を創建し、神嘗祭をはじめとする年中の祭りを定め、神田並びに各種ご料品を奉る神領を選定し、禰宜(ねぎ)、大物忌(おおものいみ)以下の奉仕者の職掌を定め、斎戒(さいかい)や祓(はらえ)の法を示し、神宮所属の宮社を定められるなど神道の基礎を作ったと伝えられます。


倭姫宮09倭姫宮10倭姫宮11倭姫宮12


ナナモリ(普)sこの伊勢の地の草分けの姫神であったにもかかわらず、大正時代までは倭姫命の御陵墓の伝説を残すだけで、倭姫命をお祭りする宮社がありませんでした。
このことを大変残念に思い、神宮ならびに地元の人々の宮社創立の熱望が実を結び、大正十二年十一月五日御鎮座が厳かに行われました。

このような理由から内宮外宮と合わせ別宮は14宮あるうち創建が明確であるのは倭姫宮1宮のみです。

倭姫宮13倭姫宮14倭姫宮15倭姫宮16


ナナモリ(普b-01)s倭姫宮から御幸道路外宮方面へ300メートルほど行くと左側に倭町へ上る坂があり、その坂を登り詰めた所の左側、山林の中に前方後円墳と思われる古墳の廃墟があります。

これを尾上御陵(おべごりょう)といって、倭姫命のご陵墓であると古くから伝えられており宮内省から「倭姫命御陵墓参考地」に指定されています。

しかしながらはっきりとした史料は無く、伝説にとどまっています。



『神風の伊勢の国にもあらましを何しか来けむ君もあらなくに』
         (大伯皇女・万葉集)


倭姫宮17倭姫宮18倭姫宮19倭姫宮20




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

No title

今年も宜しくお願いいたします。  柳宏

こんばんは☆

とっても、ナチュラルな神社さんですね☆(*´д`*)

『禁煙』の立札にハートを鷲づかみされました!!
部屋に飾りたい…(*´д`)/e-177
『車両進入禁止』は庭に…(*´д`)/e-98

No title

おはようございます。

この神社、私の好きな神社のひとつです。
特に上から2段目、左から三番目の写真に写っている、ある木にぞっこんなんです。
もう何度も通っていますが、なかなか思うようには・・・。
とにかく良いところですよね。

Re: No title

> 柳宏 さん

コメントありがとうございます♪

あけましておめでとう御座います。
本年もどうぞよろしくお願いします。

Re: こんばんは☆

> のんびりマイマイさん

そして部屋の前には『まいまいの宮』ですね(-_☆)わかります(笑

この神社は参道も広く、森もよく茂っていて良い感じです♪

Re: No title

> 伊勢の風 さん

わたしもこの神社はかなり好きです♪
神社の中に入ると参道は広く森がよく茂り、別世界というかんじが良いですねヾ(@^▽^@)ノ

ぞっこんの木は手水舎手前の木でしょうか?(-_☆)
たしかに上方への枝の広がりが良いですね♪

撮影した頃は参道にドングリがいっぱいでした(*´ー`)(笑 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/296-1ebbc717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

七日の若菜を人の六日にもて騒ぎ… «  | BLOG TOP |  » 土鈴の五十鈴♪

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示