◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-12

▼大直禰子神社(若宮社)▼ - 2012.08.28 Tue

若宮社01若宮社02若宮社03若宮社04

ナナモリ(楽3)s奈良大神神社摂社大直禰子神社(おおたたねこじんじゃ)です。

大直禰子神社若宮社とも呼ばれ、
大神神社の参道二の鳥居から左の路地へ入り、
約150m場所に鎮座しています。

ここには他の大神神社の神社では見かけない狛犬の姿があります。
若宮社05若宮社06若宮社07若宮社08


ナナモリ(楽2)s御祭神は大直禰子命(おおたたねこのみこと)

また配祀として
少彦名命活玉依姫命(いくたまよりひめのみこと)をお祀りしています。

御祭神である大直禰子命は大物主大神の子孫であり、
第十代崇神天皇の御代に神託によって
茅渟県陶邑(堺)より大神神社の初代神主として召された大神氏の始祖です。

若宮社09若宮社10若宮社11若宮社12

ナナモリ(笑)s大直禰子神社はかつてはお寺でした。

奈良時代には神仏習合の形で、
大神神社の神宮寺・大神寺(おおみわでら)として栄えます。
明治の神仏分離までは大御輪寺の本堂として、
本地仏十一面観音(国宝・現聖林寺奉安)が併祀されていました。

若宮社13若宮社14若宮社15若宮社16

ナナモリ(普b-01)s明治の神仏分離以後に大直禰子神社として祀られます。

現社殿は昭和62年より3年間に亘り解体修理が実施され、
応永19年(1412)の姿に復元されたものです。

広い境内とお堂のような社殿が、かつての姿を思わせる神社です。

若宮社17若宮社18





blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



● COMMENT ●

最近は、神仏習合という言葉をよく聞きますね。
徳川家康が、神社を無視して、全てを檀家にした政策がよかったのか?
明治政府の捻じ曲げた、神国日本政策が良かったのか?
どちらも乗り越えて今があるんだなと思いました^^;

ブログ村イベント「是非行って見て!トーナメント」参加ありがとうございます^^

Re: タイトルなし

> ひでちさん

フフーフ(-_☆)こっそりトーナメントに参加させていただきました(笑

神仏習合というか神仏混淆の状態は1300年ほど続いていましたから、
神社の歴史でよく目にすることになるのは仕方ないですね(っ*´▽`)っ

徳川幕府の場合は神社を無視するというよりも、
徳川幕藩体制の根幹でもある寺請け制度で、
お寺を行政府の末端とし民を隅々まで把握する重要な機関として
寺院が扱われたということではないでしょうか(´ー`)

神道も仏教も歴史上で嵐に巻き込まれましたが、
どちらも今は良い形に落ち着いたのではないかと思います。

別々になっていた方がわかり易いですし~♪(o´ω`o)ふふっ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/481-43e5afb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三輪素麺♪ «  | BLOG TOP |  » とっ…トンネルは…

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示