◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼首塚大明神(京都)▼ - 2012.09.02 Sun

首塚大明神01首塚大明神02首塚大明神03首塚大明神04

首塚大明神05首塚大明神06首塚大明神07首塚大明神08


ナナモリ(楽2手2)s京都市と亀岡市の境、大枝山(おおえやま)の老ノ坂にある首塚大明神です。

首塚大明神は京都市西京区大枝沓掛町の集落跡にあり、
国道9号線・老ノ坂トンネルの京都方面入口脇から、
旧山陰街道に入った老の坂山中の小高い丘の上に鎮座しております。

首塚大明神のは円墳の上に建てられているともいわれており、
周辺には大枝山古墳群(御陵大枝山)が発掘されています。
首塚大明神09首塚大明神10首塚大明神11首塚大明神12

ナナモリ(普)s御祭神は酒呑童子

平安時代の頃、大江山にて酒呑童子とその一族を征伐し、
酒呑童子の首級を京の都へと持ち帰る源頼光と四天王らが、
この老ノ坂峠に差し掛かった際、急に酒呑童子の首が重くなり、
四天王の力自慢である坂田金時でも持ち上げられなくなります。

そこで源頼光一行は止むを得ずこの場所に首を埋めて首塚を作ったと伝えられています。

首塚大明神13首塚大明神14首塚大明神15首塚大明神16


ナナモリ(驚)s酒呑童子の伝説は源頼光の鬼退治の話として広く知られています。

江戸時代には羅生門の鬼退治や坂田金時の金太郎伝説と共に、
文芸作品や錦絵の題材として広く知られるようになりました。

酒呑童子の本拠地である「大江山」には二説あり、
山城国と丹波国の境にある大枝山(現在の老ノ坂)、
もう一つは丹波と丹後の境にある大江山といわれています。

首塚大明神17首塚大明神18首塚大明神19首塚大明神20

ナナモリ(普b-01)s旧山陰街道である大枝には現在も酒呑童子に関する旧跡が多数点在しています。

山城国と山陰地方を結ぶ境である大枝は古来より交通の要所であり、
畿内堺十処疫神祭(または四角四境祭)』
という都に入る疫神を防ぐ祭りが行われた場所のひとつでした。

またここ老ノ坂明智光秀が主君・織田信長を急襲する際に
天下取りを表明した場所でもありました。

首塚大明神21首塚大明神22首塚大明神23首塚大明神24




blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは

今月も素敵です~

9月もどうぞ宜しく願い致します

東京の山王日枝神社に行って来ましたよ~

 こんばんわ。
 首塚とは酒呑童子の神社でしたか!知らなかった・・。渡辺綱といえば、港区三田の慶応義塾あたりに渡辺綱の産湯の井戸とか、「綱坂」「綱の手引き坂」などと渡辺綱出生の地があります。

Re: タイトルなし

> wakasaママ さん

こんにちわー♪
お褒めいただきありがとうございまっす(o´ω`o)

おぉ~東京まで行かれてたんですか?
盆や夏休みになると東京は人が少なくなるので、
移動や行動が楽で良いですね☆彡

こちらこそ今月もよろしくお願いしますねヾ(@^▽^@)ノ

Re: タイトルなし

>  サムライ銅像研究会 さん

こんばんわっ☆彡

はいっ(-_☆)鬼酒呑の首塚でした。
ちょっと判りづらい場所だったのですが
無事到着できて良かったです♪

ふむふむ(p`・ω・´q)渡辺綱も誕生の地に史跡とかあるのですね。
頼光もそうですが、四天王にもいろいろ伝説があって面白いですね。

また面白そうな伝説の地があったら行ってみたいと思います♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/485-f5bfd931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さぁ~て今月の朔日餅は… «  | BLOG TOP |  » 今日から9月(@^▽^@)長月です。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示