◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼伏見稲荷大社・御膳谷と眼力社▼ - 2012.10.09 Tue

伏見稲荷大社⑦01伏見稲荷大社⑦02伏見稲荷大社⑦03伏見稲荷大社⑦04

ナナモリ(楽3)s伏見稲荷大社稲荷山巡りもあとすこしで下山です。

御劔社より薬力の滝のある薬力社をすぎ、
谷間になっているところまで降りてくると御膳谷遙拝所です。

御膳谷神蹟は、三ヶ峰の神々に供物を捧げるための場所だったと伝えられています。

伏見稲荷大社⑦05伏見稲荷大社⑦06伏見稲荷大社⑦07伏見稲荷大社⑦08


ナナモリ(普b-01)s昔はこの地に神饗殿(みあえどの)と御竈殿があり山の神々に神供をしました。

現在では祈祷殿において毎日朝夕お山の神々に御日供(おにっく)をお供えしています。
毎年一月五日の大山祭には故事にもとづいて斎土器(いみどき)に中汲酒を盛り
「御饌石」(みけいし)とよばれる神石の上に供進されます。


伏見稲荷大社⑦09伏見稲荷大社⑦10伏見稲荷大社⑦11伏見稲荷大社⑦12


ナナモリ(楽)s御膳谷にも沢山の「お塚」群があります。

稲荷山は祖霊信仰の山という一面を持っており、
塚には「土を小高く盛って築いた墓」という意味があります。
昔の「お塚」は、盛り土をして周囲に忌垣をまわし、
真中に木を一本たてる形にだったそうです。

盛り土が現在のような石で出来た社の形になったのは明治以降の事で、
伏見稲荷大社では当社の許可を得れば、自前で「お塚」を作ることができます。

伏見稲荷大社⑦13伏見稲荷大社⑦14伏見稲荷大社⑦15伏見稲荷大社⑦16

伏見稲荷大社⑦17伏見稲荷大社⑦18伏見稲荷大社⑦19伏見稲荷大社⑦20

ナナモリ(笑)s御膳谷神蹟からさらに降りてくると、面白い狐の手水舎のある眼力社です。

眼力社は「眼の病が良くなる」「先見の明が授かる」というご利益があるとされ、
経営者、相場関係者の間では熱心にお詣りを続ける方が多い神社です。

それにしてもこの狐の手水舎のインパクトは凄すぎます(笑


眼力社を過ぎれば、まもなく四ツ辻へと戻つてきます。





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/515-c02bca12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼岸花の咲くところ «  | BLOG TOP |  » 今日は二十四節気のひとつ“寒露”

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示