◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼水天宮(東京)▼ - 2012.10.30 Tue

水天宮-東京01水天宮-東京02水天宮-東京03水天宮-東京04


ナナモリ(普b-01)s東京都中央区日本橋にある水天宮(すいてんぐう)です。

福岡県・久留米市にある久留米水天宮の分社で、
久留米藩歴代藩主の有馬家により崇敬されていました。

文政元年に9代藩主有馬頼徳が江戸・三田の久留米藩江戸上屋敷に、
分霊を勧請したのが江戸の水天宮の創始です。

水天宮-東京05水天宮-東京06水天宮-東京07水天宮-東京08

ナナモリ(哀)s御祭神は天御中主大神安徳天皇建礼門院二位の尼をともにお祀りしています。

御祭神である安徳天皇は、わずか八歳で壇ノ浦の海へと入水されましたが、
その若さでの犠牲は、万民を救うという尊い御神慮であると称えられ大きな信仰を集めました。

安徳天皇を慈しみ育まれた建礼門院、ともに海中に沈まれた二位の尼もまた尊崇され、
水天宮に祀られております。

水天宮-東京09水天宮-東京10水天宮-東京11水天宮-東京12

ナナモリ(楽)s水天宮は江戸の庶民たちの間で篤い信仰を集めます。

藩邸内にあったため一般人の参拝が難しかったが、
久留米藩江戸上屋敷へ塀越しにお賽銭を投げ入れる人が後を絶たず、
そこで毎月五の日には参拝を願う江戸庶民のため門戸を開放することになりました。

それが「どうでありまの水天宮」とうたわれ、有馬家と「情け深い」ことを掛けて、
情けありまの水天宮」との洒落た言い習わしが広まり、
恐れ入谷の鬼子母神」と共に江戸の二大流行語となります。

水天宮-東京13水天宮-東京14水天宮-東京15水天宮-東京16


ナナモリ(楽2)s安徳天皇は、御年わずか五歳の生涯をお果てになったと歴史には記述されております。
しかし一方で、官女の按察使局に守られて筑後に落ち延びたとの言い伝えが久留米にあります。

この地には平氏の旧臣・藤原種継が豪族として筑後におり、
筑後鷺野ヶ原(久留米)の千寿院で余生を送ったといわれています。

藤原種継の娘・玉江姫と恋仲になった安徳天皇は、
千寿院の井桁の傍らに咲く美しい椿の花を玉江姫に例えて

『椿は八千代を子と寿ぎ,井桁は深き契を宿すとかや』
と想いを秘め歌を送ったといわれ、水天宮ではその伝承に因んで椿の花を神紋としています。

水天宮-東京17水天宮-東京18水天宮-東京19水天宮-東京20




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)おおきに~♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/535-1c96898c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そうか、もう神楽月…。 «  | BLOG TOP |  » 土に零れし草の実の、

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示