◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2021-04

▼多賀大社▼ - 2012.12.09 Sun

多賀大社01多賀大社02多賀大社03多賀大社04


ナナモリ(楽2手2)s滋賀県犬上郡多賀町多賀にある多賀大社(たがたいしゃ)です。

近江鉄道多賀線多賀大社前駅の大鳥居から東方へ1Kmほど
門前町のような町並みの中、道しるべの石碑をたよりに向います。

境内入口の鳥居をくぐると眼前に現れる小さな石のそり橋は「太鼓橋」、
豊臣秀吉が当社に信仰が深かったことから「太閤橋」とも呼ばれています。

多賀大社05多賀大社06多賀大社07多賀大社08


多賀大社09多賀大社10多賀大社11多賀大社12

ナナモリ(楽)s御祭神は伊邪那岐命伊邪那美命の2柱。

創始は古く「古事記」にも、
「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」と記されています。

「古事記」以前の時代には、
一帯を支配していた豪族・犬上君の祖神を祀っていたのではないかとの説もあります。

犬上氏は多賀大社が所在する「犬上郡」の名祖でもあり、
遣隋使・遣唐使で知られる犬上御田鍬(いぬかみのみたすき)を輩出した古来の豪族です。

多賀大社13多賀大社14多賀大社15多賀大社16

ナナモリ(楽3)s中世の頃には「お伊勢参らばお多賀へ参れ」と伊勢・熊野とともに大いに賑わいました。

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」 
「お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り」という俗謡があり、
「お多賀の子」とは、伊勢神宮天照大御神が、
伊邪那岐命伊邪那美命の御子であるという神話を歌詞に映したものです。


多賀大社17多賀大社18多賀大社19多賀大社20


ナナモリ(普b-01)s多賀大社の独特なお守りとして古くから「お多賀杓子」が有名です。

これは元正天皇の養老年中、帝が得た病の平癒を祈念して多賀社の神官らが強飯(こわめし)を炊き、
シデの木で作った杓子を添えて献上したところ、帝の病が全快します。
このことから霊験あらたかな無病長寿の縁起物として信仰を集めるようになったと伝えられています。

また多賀大社は「お多賀さん」として広く親しまれています。

多賀大社22多賀大社23多賀大社24






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

こんにちは

寒くなりました~

小浜では雪も大分積もっているようです

北陸では寒さに震える母がいるから心配ですわ。

Re: タイトルなし

> wakasaママ さん

こんにちわー♪

昨日今日と冷え込みましたにぇ{{ (>_<) }}

たしかに日本海側や北陸では、
かなりの積雪になったようなので心配ですね(´・ω・`)

今晩が山場のようなので、
これが過ぎればちょっと寒さも緩み安心です(*´▽`*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/565-fdf764f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この雪降るや降らざるや «  | BLOG TOP |  » 山、雪衣纏う頃、大雪

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示