◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-09

▼粟皇子神社▼ - 2011.05.05 Thu

粟皇子神社01粟皇子神社02粟皇子神社03粟皇子神社04





ナナモリ(驚)s神宮125社のうち最難所のひとつである内宮摂社粟皇子神社です。
また神宮125社中、もっとも海に近い神社でもあります。


無人駅より徒歩にて山を越え、湿地帯を踏破し、堤防に登り、海岸線を歩き続けると神社へと至ります。





粟皇子神社05粟皇子神社06粟皇子神社07粟皇子神社08




ナナモリ(楽2)s御祭神は須佐乃乎命御玉道主命(すさのおのみことのみたまのみちぬしのみこと)

天照大御神素戔嗚尊との誓約によって生まれた女神であり、
また別名・淡海子神と呼ばれ海岸鎮護の神とされています。

倭姫命の皇大神を奉載して御遷幸の時、淡海子神が御贄を奉った功により、この社を定めたと伝えられています。




粟皇子神社09粟皇子神社10粟皇子神社11粟皇子神社12





ナナモリ(困)s中世廃絶して社地不詳となります。
当初は池ノ浦の中にある中之島にあったといわれています。

元禄5年の再興の際、この中之島では神社は建てられないということで、 中之島が間近に見える鳥取の浜辺へ社地六間四方を定めました。

しかし正徳2年に宮地が波打際まで八間=14.55 mぐらいしかなかったため
高潮の被害を受け、現在の宮地に移転しました。

儀式帳』の示す四至は「東西北大海、南山」となっており現在地と合致しません。


粟皇子神社13粟皇子神社14粟皇子神社15




ナナモリ(普b-01)s
現在の社地は、白砂青松の海岸から飛島が望まれる美しい景観です。

また当初の社地である中之島は、この海岸より干潮時に顔を出す岩礁として見ることができます。
関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/81-f11f9cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼度会大国玉比賣神社▼ «  | BLOG TOP |  » とある日々の~35

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示