◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼金剛證寺八大龍王社(龍池社)▼ - 2014.04.24 Thu

八大龍王社(龍池社)01

八大龍王社(龍池社)02八大龍王社(龍池社)03八大龍王社(龍池社)04八大龍王社(龍池社)05



ナナモリ(楽2手2)s三重県伊勢市の朝熊ヶ岳山頂の八大龍王社です。


伊勢神宮の鬼門(北東)にあたる朝熊ヶ岳の山頂に鎮座し、
金剛證寺の末社としてお祀りされています。


社殿が前方は寺のお堂、後方は神社の社となっており、
神仏習合の雰囲気をいまも僅かに残しています。


八大龍王社(龍池社)10

八大龍王社(龍池社)06八大龍王社(龍池社)07八大龍王社(龍池社)08八大龍王社(龍池社)09


ナナモリ(楽)s御祭神は八大龍王

八大龍王とは仏教守護の八体の龍王のことで、
難陀・跋難陀・娑迦羅・和修吉・徳叉伽・阿那婆達多・摩那斯・優鉢羅
の各龍王をまとめて八大龍王と呼びます。

日本では古くから雨乞いの神様として信仰されており、
奈良の葛城山の山頂や東京都の高尾山など、
修験道の場となっていた山によく八大龍王をお祀りするお堂があります。


八大龍王社(龍池社)14

八大龍王社(龍池社)11八大龍王社(龍池社)12八大龍王社(龍池社)13八大龍王社(龍池社)15


ナナモリ(普b-01)sこちらは龍が住んでいたといわれる『龍池』です。

古くは伊勢志摩地方の人々に雨乞いの神様として信仰を集め、
この龍池では麓の朝熊村の青年達が雨乞いの神事を行っていたそうです。

現在は雨乞いの神事はなくなりましたが、
昔、あったその神事では、
青年が麓に流れている朝熊川の三ノ滝で身を清め、
長い棒を持ち山を登り、その棒で池を突き池に住む竜を昇天させ、
雨を降らせるという神事が行われていました。

そのためか古くは「龍池社」とも呼ばれていたようです。


八大龍王社(龍池社)16八大龍王社(龍池社)17八大龍王社(龍池社)18八大龍王社(龍池社)20

八大龍王社(龍池社)21






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト

● COMMENT ●

今にも雨が降り出しそうな曇り空で・・・偶然ですよね。龍池!すてきですね。ごつごつとした護岸も龍を意識したのでしょうか?

Re: タイトルなし

> やや さん

この日は、
ずっと晴れの予報でしたのですけれど…

まぁ春によくある気温が上がった為の春霞な薄曇りです(o´ω`o)たぶん(笑

もともとはもうすこし大きめの自然なままの池があったそうで、
テレビの電波塔や社殿を整備する時に、
このような護岸の整備された池になったようです。

でもこんな山の上に池があるのはなんとなく不思議ですね(p`・ω・q) ☆

昔見たような景色・・・

今回の記事を拝見し、「あれ、どこかで見た事があるような感じ」という既視感を覚えました・・
朝熊ヶ岳に行ったことはないし、
「あれ、どこで見たのかな・・」と思っていたら
高校のとき、すぐ近くにやはり池があり、そこに「安養龍神」という伝説があるのを思い出しました。
やはり白い複数の鳥居があって、樹木に囲まれ、
何となく荘厳な雰囲気は感じたものでした。

やはりそこも「雨乞い伝説」はあり、当時は地元のお祭りもあったように思います。

三重と仙台では離れた場所なのですけど、
やはり同じ日本では似たような伝説が色々とあるものですね。

何かとても懐かしいような気持ちになれました。

Re: 昔見たような景色・・・

> ぬくぬく先生さん

おぉ(;゚Д゚)!仙台にもそのような場所が!
やはり龍神さんのいらっしゃる場所というのは、
同じような雰囲気をもっているのでしょうね。

雨乞いの神事も各地にあって、
調べてみるとそれぞれ細部の違いはありますが、
根本的な行事は似ているところがあって面白いです(o´ω`o)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/928-eacd4e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『朝熊山経塚群』も行ってみたヽ(´▽`)/ «  | BLOG TOP |  » 朝熊山山頂へ到着するよし

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示