◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

朝熊岳金剛證寺 『連間の池と連珠橋』 『雨宝堂』 - 2014.05.09 Fri

雨宝堂01

「あさまやまのぼりてみればごくらくの
           これぞまことのじょうどなるらん」

と、詠われた『金剛證寺庭園』です。

庭園の中心となっている「連間の池」は弘法大師が掘ったと伝えられ、
池の中央に架かる橋は「連珠橋」と呼ばれています。

連珠橋を境に、比岸(しがん)「迷いの世界」と彼岸「悟りの世界」が表わされ、
5月中旬から9月にかけて数百の睡蓮の花が美しい風景が見られるそうです。


金剛證寺へ行ったのは4月でしたから、
蓮の花の気配はまったくありませんでした(´・ω・`)ざんねん


この庭園は古くは浦田織部藤原長次が願主となって、
寛文十二年(1672)に創建されたものといわれています。


雨宝堂02

雨宝堂03雨宝堂04雨宝堂05




この連珠橋を渡った先、彼岸に建つ御堂は『雨宝堂(うほうどう)』です。

雨宝堂では大日如来の化身である天照大御神が、
日向国(宮崎県)に降り立った十六歳の御影を、
弘法大師が感得して刻まれたと言い伝えられた神仏習合思想の神像、
雨宝童子尊をお祀りしています。



雨宝堂08

雨宝堂06雨宝堂07雨宝堂09

雨宝童子は正確には「金剛赤精善神雨宝童子」といい、
両部神道において天照大御神が日向に下生した時の姿とされており、
天照大神の本地仏とされる大日如来の化身ともいわれています。

持物は右手に金剛宝棒、左手に宝珠で、
頭上には五輪塔を頂く童子の姿をしています。


そういえばこちらの金剛證寺の本堂には御本尊の虚空蔵菩薩とともに、
天照大御神の御神体である神鏡をお祀りする祭壇もあるんですよ(o´ω`o)面白いですね~






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/937-8a2fbb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝熊ヶ岳から帰るのこと «  | BLOG TOP |  » 伊勢神宮の鬼門守護 『金剛證寺』

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示