◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-12

*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 06 * - 2019.04.18 Thu

伊勢古道・竜ヶ峠06-01

はいっそれでは~竜ヶの頂上から矢持町方面へと降りて行きます(o´ω`o)ノ



伊勢古道・竜ヶ峠06-02

頂上から少し下り、二曲がり目にベンチ(*´Д`)
紅葉する樹木が多い感じですので、秋になると良い感じになりそうです♪

こちら側の山道は広く、間伐もされて明るく、
神宮林だった登り側と比べると標識なども多いです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-03

九十九折の道も多少傾斜は付いていますが、
ほぼ平坦で広く歩きやすいです♪


伊勢古道・竜ヶ峠06-04


伊勢古道・竜ヶ峠06-05伊勢古道・竜ヶ峠06-06


峠から下る沢にかかる「辰ヶ橋」です。

最近架け替えられたのでしょうか?
かなり真新しい感じですね~


伊勢古道・竜ヶ峠06-07

伊勢古道・竜ヶ峠06-08辰ヶ橋から少し進みますと「茶屋跡」です。

ここには昔、二軒の茶屋があり、
平家の子孫が代々田を作りながらお店を営んでいたそうで、
明治25年ごろまで営業していたそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-09

ここの茶屋の名物は、
どぶろくのおつまみとして「ヒキガエル・サンショウウオ・クサギムシ」が人気だったとかΣ(゚Д゚;)

カエルは唐揚げと塩焼きっぽいのをいただいたことがありますから丸焼きでなければいけるかな~
クサギムシは、ん~味付けによるかな(笑
サンショウウオは牛肉のような味のする珍味であると昔の本で読んだことがあります。

伊勢古道・竜ヶ峠06-10

茶屋跡にはこのような石垣が綺麗に残されています。

建物の基礎と棚田跡という感じですね。


伊勢古道・竜ヶ峠06-11

伊勢古道・竜ヶ峠06-12伊勢古道・竜ヶ峠06-14



茶屋跡を過ぎ進みますと「六ヶ谷の戦い跡」という場所です。

昔、宇治方面より峠を上り茶屋を訪れた源氏の密偵は、
平家の赤旗を持ち店の者を安心させ、
平家の残党が居るらしい覆盆子谷(ふぼんじだに)の様子を探りに来ましたが、
それを源氏の密偵だと見破った茶店の主人が密かに平家の隠れ里に連絡し、
平家の兵たちがその6人を討ち取った場所がこの辺りなのだそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-15

六ヶ谷の林道右上にあるのは、
六ヶ谷の戦いの時に平家の者たちが待ち伏せをした「かくれ岩」です。


伊勢古道・竜ヶ峠06-16

下から見上げるとなかなかの大岩です(*゚∀゚)=3
ここからなら谷を見渡せ、また隠れて様子を見るのに良さそうですね。

ちなみにそのときの源氏の密偵が持っていた赤旗は、
この山の麓の村にある久昌寺に現在も保管されています。

伊勢古道・竜ヶ峠06-17

六ヶ谷を過ぎしばらく歩いていきますと広々とした道に出ます。


伊勢古道・竜ヶ峠06-18

伊勢古道・竜ヶ峠06-19ここは「茶屋口」という場所で、
矢持町側から竜ヶ峠へ登る登山口でもあります。

かつては菖蒲が群生していたそうで、
ここの地名もずばり「菖蒲」という名になっています(人*´∀`*)

標識にも件の久昌寺の名前が出てきていて、
集落までもうすぐという感じですね☆


伊勢古道・竜ヶ峠06-20

宇治側の登りは大変でしたが矢持町側の山道はあっという間に登山口まで到着しました(笑
ここからは矢持町の久昌寺を目指して歩いていきます三(ง ˙˘˙ )ว






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 05 そして伊勢海老味噌ラーメン* - 2019.04.13 Sat

伊勢古道・竜ヶ峠05-01

はいーそんなこんなで竜ヶ峠の頂上に到着でっす٩( 'ω' )و イェイ


伊勢古道・竜ヶ峠05-02

標高は333mでここには東屋とベンチが数基、
それと大きな頂上標柱・案内板・展望方位盤があります。


伊勢古道・竜ヶ峠05-04

前回、ここに登ってきた道はこんな感じ~


伊勢古道・竜ヶ峠05-05

この頂上が丁度、神宮宮域林と矢持町所有の山林の境目となっており、
かつては海や山の産物を運ぶ商人や薬売り、参宮客や旅人が行き交い、
ここを通行する人々が絶えなかったと伝えられています。

昭和30年頃まではこの峠が南伊勢や矢持町の人々にとって本街道であったそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠05-06

伊勢古道・竜ヶ峠05-07伊勢古道・竜ヶ峠05-08

竜ヶ峠の東屋です。

山にある東屋ですが、すっごく綺麗です(*´∀`)b
最近建てられたばかりなのか町の方の管理も行き届いている感じですね♪

あとここには思い出ノートやパンフレット、
この峠の事が詳しく書かれたコピー誌のガイドブックが置かれていました。
地元の方が製作された資料は貴重ですので一部いただきました(-_☆)

伊勢古道・竜ヶ峠05-09

東屋の矢持町側は見晴らしが良いように木が整備されていまして、
ベンチもいくつか設置されています。

光の入る方が切り開かれていますので頂上広場がとても明るい感じになっています(´ー`)


伊勢古道・竜ヶ峠05-10

そして、お昼ご飯の時間(人*´∀`*)

サッポロ一番の和ラーシリーズ「三重伊勢海老汁風」ですっ!!

伊勢駅のキヨスクで買いました、なので実質ご当地メニューです(笑

伊勢古道・竜ヶ峠05-11

具はえび団子風かまぼこやキャベツ、あとネギと卵が入っていて、
スープは海老の風味の味噌味になっています。


伊勢古道・竜ヶ峠05-12

山ですごく磯の香りのする食べ物をいただいている不思議(*´Д`)

味はひたすら海老の風味が強い、強すぎる印象でした(笑
あと指定の分量のお湯で作ったのでは、
わたしは味が濃すぎて塩辛かった感じでしたのでちょっとお湯を足して美味しくいただきました☆

麺をいただいた後に御飯を入れて雑炊風にとも蓋に書かれていましたから、
もともと味を濃い目に調整して作ってあるのかもしれませんね。

伊勢古道・竜ヶ峠05-13

東屋横に設置されている方位盤です。

ですが木々が開けているのは南だけですので、
実際はそちら側にある山しか見られません(ノ∀`)

伊勢古道・竜ヶ峠05-14

南側は五ヶ所湾のある方面で、
前方に見えている山は地元の方に「竜ヶ富士」と称されている山なのだそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠05-15

たぶんちょこっと見えている左側の山が竜ヶ富士……かな?


伊勢古道・竜ヶ峠05-16

さて、頂上で十分お昼休憩をとりましたので、
ぼちぼち峠を矢持町方面へ降りていきます三(ง ˙˘˙ )ว


伊勢古道・竜ヶ峠05-17

こちら側はとても歩きやすい道になっていました。
らくらくです(゚▽゚*)♪

伊勢古道・竜ヶ峠05-18

それでは次回からさくさくっと降り道編でっす (ง ˘ω˘ )ว






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 04* - 2019.03.27 Wed

伊勢古道・竜ヶ峠04-01

竜ヶ峠を歩く」の四回目スタートです(o´ω`o)ノ

宇治側登山口より頂上まで大体半分のところまで上ってきましたー


伊勢古道・竜ヶ峠04-02

周囲は木々がもりもりと生い茂っていますが、
道自体は明るく歩きやすい道です。

が、落ち葉が春でも多く積っていましたので、
ちょっと道が判り難いところがあるかもしれません。
あと夏場など枯葉に水分が含まれる時期ですと「山ヒル」に注意した方が良さそうですね。


伊勢古道・竜ヶ峠04-03

ほとんど形跡は残っていませんが、
この辺りは「石灰窯」があったと伝えられる場所です。

江戸時代の末期、安政3年(1856)に高麗広地区の開墾のため、
滋賀出身の宮嶋丑松さんを中心とする数名の人たちが、
土壌改良や肥料とする生石灰を生成するためここに石灰窯を作ったのだそうです。

少しだけ残った石積みがそうでしょうか?


あと竜ヶ峠古道は分岐がちょっと見過ごしそうな場所が多くありました。
このような場所では一度立ち止まって周囲をよく確認です(`・ω・´)

伊勢古道・竜ヶ峠04-04


ねっ、石にマジックで案内が書いてあるでしょう(笑


伊勢古道・竜ヶ峠04-05

伊勢古道・竜ヶ峠04-06伊勢古道・竜ヶ峠04-07伊勢古道・竜ヶ峠04-08伊勢古道・竜ヶ峠04-09

木の枝にまで「↑本道」と書かれると逆に怪しくなってきますわ(ノ∀`)(笑

この辺りから九十九折れになった道があったり、
山道脇の斜面が急なところがあったりと少々キツめな道になってきます。


伊勢古道・竜ヶ峠04-10

そんなこんなで「待合い岩」に到着です。

この大岩のある場所では昔、辰の日・辰の刻に市が立ち、
五ヶ所湾のある海側からと伊勢側から多くの物資が並べられ、
商いや物々交換、人々の出会いや情報交換などがされていたと伝えられています。


伊勢古道・竜ヶ峠04-12

伊勢古道・竜ヶ峠04-13伊勢古道・竜ヶ峠04-14伊勢古道・竜ヶ峠04-15伊勢古道・竜ヶ峠04-16

待合い岩の先に進みますと、
ちょっと珍しいコルクの代わりに植えられたアベマキが多く自生する、
国産コルクの「コルクの小径」となっています。

明治27年に国策により陸軍がこの地に植えたそうで、
本物のコルクの木は日本では育たなかったため代用のアベマキが植えられたとのことです。

それと、この辺りの道はすごく斜めです(。・`Д・´)(笑

伊勢古道・竜ヶ峠04-17

伊勢古道・竜ヶ峠04-18伊勢古道・竜ヶ峠04-19伊勢古道・竜ヶ峠04-20伊勢古道・竜ヶ峠04-21



尾根に出ますとしばらくは平らな道です₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

紅葉の木が多いので秋には綺麗な紅葉が見られそうな感じですね。

伊勢古道・竜ヶ峠04-22

そして「馬落とし」というなにやら怖い名前の名所に到着です(゚o゚;

ここには名所を示す標柱がありますっ!
というかこっちの登山道ではここだけです(笑

伊勢古道・竜ヶ峠04-23

「馬落とし」という場所は壇ノ浦の戦いの後、
この先の矢持村の隠れ里に住んでいた平家の兵たちが、
「六ヶ谷の戦い」で源氏の密偵6人を討ち取ったため、
さらなる調査のため馬に乗って登って来た源氏の騎馬隊をここで待ち伏せし、
落ち葉に隠したあった木の蔓の罠で騎馬隊をこの崖下に落とし全滅させたという伝説があります。


伊勢古道・竜ヶ峠04-24

現在は細めですが木々が多くあるため谷底は見えませんが、
たしかに落ち始めると止まらなさそうな傾斜でありました(゚д゚lll)

足元に十分注意しながら進みましょう。

伊勢古道・竜ヶ峠04-25

「馬落とし」からしばらく進みますと、
道の先のほうに建物のようなものが見えてきます。


伊勢古道・竜ヶ峠04-26

そう、竜ヶ峠の頂上にある東屋に到着でっすヽ(´□`。)ノ・゚わーい♪


というわけでー次回は竜ヶ峠の様子などを~お届けです☆





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 03* - 2019.03.23 Sat

伊勢古道・竜ヶ峠03-01

はいっでは登山口へ到着しましたので、
ここより「竜ヶ峠」へ登っていきます三(ง ˙˘˙ )ว

今回はこの宇治側登山口より竜ヶ峠の頂上(2.7km)まで登り、
そこからこの峠の向こう側にある矢持町久昌寺(5.6km)を目指して歩いていきます。


っとその前に~
ここ高麗広には昔、奥山に住んでいた仙人が「碁石岩」という岩の上で碁を打っていたという伝説があり、
この登山口広場のすこし先に五十鈴川の支流・倉口谷川に架かる「仙人下橋」という橋があります。

すぐ近くに架かる橋ですが写真は撮り忘れました(ノ∀`)(笑

伊勢古道・竜ヶ峠03-02

伊勢古道・竜ヶ峠03-03伊勢古道・竜ヶ峠03-04伊勢古道・竜ヶ峠03-05

ちなみに竜ヶ峠の頂上よりこちら側は伊勢神宮の神宮宮域林となっており、
歩道より外れない・喫煙や焚き火の禁止・草木の損傷採集、など注意事項があります。

「狩猟用の鉄砲に注意してください」とも書かれてますが…自分ではどうしようもないような(笑



伊勢古道・竜ヶ峠03-06

登山道には一定の間隔でこのような案内板が設置されており、
頂上までの距離などが記されています。


伊勢古道・竜ヶ峠03-07

左手奥に見えるコンクリートの建造物は砂防ダムのように見えますが、
実は「竜神池」と呼ばれるエメラルドグリーンの小さな湖があるそうです。

という話を後で知ったので見に行ってません(*´Д`)(笑
ルートからすこし離れているので致し方ない…

伊勢古道・竜ヶ峠03-08

この鉄製の橋は「倉口橋」という橋で、
橋を渡った奥のほうに高麗広の人々が作った田畑があり、
そこには米や農機具を入れておく倉があったそうで、
そのことから倉の前の橋という名が付いたと言われています。

この時は前年の大雨による泥と流木でちょっと橋が埋まりかけてました(゚Д゚;)

伊勢古道・竜ヶ峠03-09

しばらく歩いていきますと大きな林道と交差します。

伊勢古道・竜ヶ峠03-10

伊勢古道・竜ヶ峠03-11伊勢古道・竜ヶ峠03-12伊勢古道・竜ヶ峠03-13

登山道は先の細い道ですので、
そこを進んでいきます٩( 'ω' )و

この林道は神宮林で作業する人用の車道っぽいですね。


伊勢古道・竜ヶ峠03-14

せせらぎを聞きながら先に進んでいきますと、
小さな滝の折り重なる場所に着きました( ˘ω˘ )

ここも五十鈴川の源流のひとつでしょうか?


伊勢古道・竜ヶ峠03-15

案内の冊子によりますと、
この神代橋の辺りに「岩神さん」と呼ばれる巨岩や、
「願掛け岩」という小さな岩があるそうですが、
ちょっとわからなかったです(´・ω・`)


伊勢古道・竜ヶ峠03-16

神代橋から少し行きますとまた広い林道にでます。


伊勢古道・竜ヶ峠03-17

伊勢古道・竜ヶ峠03-18伊勢古道・竜ヶ峠03-19

道の広さから思わず左の道に行ってしまいそうになりますが~
右の山の中へ続く小道がルートです(*´Д`)


伊勢古道・竜ヶ峠03-20

渓谷沿いの小道をサクサクっと進んでいきますと小滝が見えてきます。

この小滝は「昇竜の小滝」という滝で、
雌雄一対の滝が折り重なるこの渓谷を代表する見所です。

水量が少ないと雄滝一本になるそうなので、
今回は一本だけの滝になっていました。


伊勢古道・竜ヶ峠03-21

足元の視界になにか違和感があるな…と思っていましたら、
岩に直接この滝の名前が書かれていました(笑

いいのかな~?これ(;´Д`)この道を整備した人が書いたのならセーフ…なのかな?

伊勢古道・竜ヶ峠03-22

滝の近くには野生の伊勢椿があり、
時期のよってはこのように椿の道になっています(人*´∀`*)素敵♪


伊勢古道・竜ヶ峠03-23

そしてこの辺りで登山口より1.3kmで頂上まで1.4kmの中間地点になります。

というわけで次回は頂上まで行きますよ(o´ω`o)ノ






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 02* - 2019.03.18 Mon

竜ヶ峠02-01

ではっ「竜ヶ峠を歩く01」の続きでっす(o´ω`o)ノ


竜ヶ峠02-02

前回「飛び石」と刻まれている道標のところまで着ましたが、
ここからは竜ヶ峠登山口へ向かう道とは別に、
五十鈴川へと下りて行く道があります。


竜ヶ峠02-03

竜ヶ峠02-04竜ヶ峠02-05

五十鈴川の河原まで下りていきますとこの通り、
川の中に等間隔に置かれたかつての伊勢神宮の裏参道「飛び石」があります(*゚∀゚)=3


この「飛び石」は、宇治橋より上流へ約0.6キロメートルの地点にあり、
五十鈴川の浅瀬の中に31個の平らな石が対岸まで続いています。


竜ヶ峠02-06

飛び石の中ほどから伊勢神宮方面を見るとこんな感じ~


竜ヶ峠02-07

そして対岸まで渡ってみました(`・ω・´)

かつてはこの道が明治23年に今の県道が整備されるまでは、
飛び石をわたって伊勢神宮へお参りするのが、
こちらの地域からの本道だったそうです。

竜ヶ峠02-08

今は荒れて通行不可となっていますが、
この道は上流約3kmほどのところにある「鏡岩」まで川沿いの道があったそうで、
50~60年ほどの昔は学校遠足のコースとなっていたとのことです(´ー`)


竜ヶ峠02-10

竜ヶ峠の登山口へ向かう道に戻って上から見た「飛び石」はこんな感じ~


竜ヶ峠02-11

五十鈴川沿いに先に進んで行きますと、
林道から徐々に山の道という感じになってきました。

この辺りの道だけ妙に新しい感じでしたので、
もしかしたら紀伊半島豪雨のときに土砂崩れがあって、
数年前に完成した道なのかもしれませんね。


竜ヶ峠02-13

水飲み場発見っ!(-_☆)

この水飲み場は宇治橋から約3kmのところにあり、
神路山を通る県道のすぐ横に湧き出ている岩清水です。

近くの剣峠や竜ヶ峠を越えて伊勢神宮へ向かう途中にあるため、
昔の旅人もここで喉を潤わせたことでしょう₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

現在も隠れた名水として愛好家も多いそうです♪


竜ヶ峠02-14

近くには「神宮神域」と書かれた石碑があり、
ここは五十鈴川の源流のひとつとなっているようでした。

竜ヶ峠02-15

遠くの山間に開けた場所が見えてきました。
登山口まで宇治橋から思ってたより遠いです(笑


竜ヶ峠02-17

そして開けた場所に出ました。

この地域は「高麗広(こうらいびろ)」と呼ばれる集落で、
現在は数件だけ建物があるという感じですが、
かつては神宮の関係者が多く住み、
神宮で使う木材や炭、薬草などの製造栽培をしていた村だったそうです。

後ろに見えている山が今回向かう竜ヶ峠がある山です。


竜ヶ峠02-18

高麗広の牧場っぽい広場のようなところを過ぎて少し先へ~


竜ヶ峠02-19

山の入口っぽい看板と車を停められる感じのスペースのある場所が見えてきました(ノシ 'ω')ノシ


竜ヶ峠02-21

というわけで「竜ヶ峠」の登口に到着~♪
次回からいよいよ登っていきます。






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示