◎あちこち神社◎
topimage

2017-07

今日より三伏大暑の候、七月です。 - 2017.07.01 Sat

2017-睡蓮01

今日より文月。
早いもので今年も半年が過ぎました。

暦の上では暑中とはなりますが、
多くの地域では梅雨明けもまだまだですし、
三伏というほどの本格的な暑さはまだ少し先のようですね。

梅雨の季節を迎えぐずついたお天気が続き、
梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、
お風邪等召さぬようどうぞお健やかにお過ごしくださいませ。

夏祭りの御囃子が聞こえてきたり、
蛍が飛び交うのももうそろそろでしょうか(o´ω`o)

それでは今月もバァーンとよろしくお願いします♪




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



桑の実のジャムでジャムパンっぽいの - 2017.06.29 Thu

桑の実パン01

桑の実の季節です。

今月初め頃のことですが今年も桑の実がたくさん採れました(゚▽゚*)


桑の実パン02

そしてさっそくジャムに~♪

桑の実ジャムはイチゴやリンゴを使ってつくるジャムとは違い、
軸を取ったり裏漉ししたりと結構大変です(ノ∀`)

あと色が濃いので煮詰まってきているのか判り難い(笑

桑の実パン03

そんなかんじで作ったジャムを一日置いてから、
パン生地の中へ入れてジャムパンを作って見ました☆

写真ぐらい生地の中にジャムを入れますと、
絶対焼いている途中ではみ出てきますので、
ジャムの量はこの半分ぐらいの量に減らしましょう(笑

桑の実パン04

そして形を整えてオーブンで焼きまして~


桑の実パン05

桑の実のジャムパン完成ヾ(@^▽^@)ノ

桑の実は木苺とブルーベリーの中間の味という感じて、
ほどよい甘酸っぱさが良い感じです♪

あと今回パン生地の中にタピオカ粉を入れてみまして、
なんとなくいつもよりパンがモチっとして美味しい気がしました(*´Д`)(笑


まだたっぷり桑の実ジャムがありますから、しばらく楽しめそうです☆




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

伊勢神宮外宮で赤福氷を - 2017.06.25 Sun

2017外宮02

久しぶりに伊勢神宮外宮(豊受大神宮)へ行ってきました(o´ω`o)ノ

内宮へは一年に二度ほどお参りしますが、
外宮は二年ぶりぐらい…かも?

伊勢駅からまっすぐ外宮へと続く参道は、
新しい飲食店がたくさん出来ていました(-_☆)

以前、訪れた時よりもテイクアウトして食べ歩きの出来るお店が多くなっているような感じです♪


2017外宮03

同じく外宮参道にある明治創業の打刃物店「菊一文字本店」さんです。

こちらは刃物店であると共に伊勢まちかど博物館となっていまして、
周辺の観光パンフレットやオリジナル伊勢みやげ、
神話占いや神宮の書籍などが置いてありました(゚▽゚*)♪

打刃物のお土産としまして爪切りと握り鋏がお勧めです☆

2017外宮04

外宮参道のいろいろなお店を眺めつつまっすぐ歩いてきまして~
火除橋を渡って外宮境内へ~


2017外宮05

梅雨の晴れ間で真夏ほど蒸し暑くなく、
新緑の森の中に心地よい風の吹く季節です。


2017外宮06

御遷宮で新しくなった豊受大神宮御正宮です。

外宮は内宮とはまた違った雰囲気で、
広々として開放的な雰囲気があって良い感じです(´ー`)

2017外宮07

今年もおかげさまで、御正宮へのお参りできました(人*´∀`*)

2017外宮08

そして亀石の橋を渡った先にある石段を登り、
豊受大御神荒御魂をお祀りしている別宮・多賀宮へもお参りに♪

2017外宮09

今年も無事に外宮へのお参りができました(o´ω`o)ありがたいことです。

2017外宮10

さて、参拝後のお楽しみの時間です(笑

外宮のすぐ前には神宮周辺では一番新しい「赤福」の特設店があり、
お店の前には昔の茶屋風の縁台などが設置されていまして、
ちょっと気軽に立ち寄れる雰囲気のお店になっています。

いつも賑わっていて混雑している内宮の本店やおかげ横丁のお店とは違い、
時間帯によっては好きな席についてお食事が出来るほど空いているお店ですので、
のんびりと赤福を味わいたい方にオススメです☆

2017外宮11

そして、この季節といえばやはり「赤福氷」っ!!

毎年、赤福氷の期間になりますと頂きたいと思っているのですが、
なにかとタイミングを逃して数年ぶりの人生二回目ぐらいの赤福氷です(ノ∀`)(笑

赤福と言いつつ赤福の姿は見えませんが……

2017外宮12

カキ氷を食べ進むと中に赤福が隠れているのです(*´艸`*)フフーフ
お抹茶味の氷と冷たい御餅と餡子がすごく美味しかったです♪


というかんじの、久しぶりの伊勢神宮外宮と赤福氷を頂けて満足なお話でした☆




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



女人高野丹生大師さんの紫陽花 - 2017.06.21 Wed

2017紫陽花01

紫陽花を見に三重県多気郡多気町にある丹生大師の里へ行ってきました(o´ω`o)ノ

2017紫陽花02

丹生大師は正式名称「女人高野山丹生山神宮寺成就院」という、
丹生神社の神宮寺であるお寺です。

以前、丹生神社へお参りに来た時にちょっと寄ったお寺さんです(´ー`)

2017紫陽花03

伝説によりますと空海が真言密教を広める聖地を決める為に、
唐の国から投げた三鈷(さんこ)が最初に丹生に飛来したのでここに決めようとしましたが、
その三鈷を力強く投げすぎたため最初丹生に飛来したが跳ね返って高野山で発見されたので、
高野山が真言宗の拠点となったのだそうです。

昔は高野山が女人禁制だったのに対し、
ここは女性も参詣ができたので「女人高野」と呼ばれています。


2017紫陽花04

2017紫陽花052017紫陽花062017紫陽花102017紫陽花07

丹生大師からすこし先にある郵便局を過ぎますと、
紫陽花や丹生水銀鉱跡のある「大師の里」と、
地元食材が味わえる「まめや」というお店があります。

その「まめや」さんの正面に山間を利用して、
たくさんの紫陽花が植えられ散策できる公園として整備されています。


2017紫陽花09

2017紫陽花082017紫陽花192017紫陽花112017紫陽花12



ほんの少し時期が早かったようでまだ色付いていない紫陽花も多かったですが、
それでも色とりどりの紫陽花が咲いていました(人*´∀`*)いいですね~♪

今年の梅雨はまだ雨が少ないですので、
ちょっと元気の無い紫陽花もありましたが、
これから雨が多くなってきましたらもっと綺麗に色付くことでしょう☆

2017紫陽花15

2017紫陽花162017紫陽花142017紫陽花13



そして、おやつは「丹生大師さまのまどれーぬ(ほうじ茶味)」というマドレーヌ(*゚∀゚)=3

丹生大師の向かい側にある「ふれあいの館」という地元の物産の販売や軽いお食事のできるお店で、
お土産などと共に売られていましたので一つ買ってみました♪

味はマドレーヌです(笑
ほうじ茶の味や香りは控えめな感じだったと思います。

2017紫陽花17

2017紫陽花18
あと「あじさい小径」のある道の横には、
このような水銀鉱の跡がいくつかありました(-_☆)

写真では小さな穴のように見えますが、
実際は大人が中腰で入っていけそうな大きさの穴です。


時間があったら水銀鉱跡もいろいろ見たかったところです(ノ∀`)


2017紫陽花19


そんなかんじの丹生大師さんの紫陽花でした~♪




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



▼日向山神社(明見神社)▼ - 2017.06.16 Fri

明見神社01


明見神社02明見神社03明見神社04明見神社05



ナナモリ(普b)s静岡県富士市岩渕にある明見神社です。

富士市岩渕の山間部の集落に鎮座する神社で、
正しくは日向山神社と称しますが、
旧称の明見神社として呼ばれることが多く、
境内に祀る白馬につなみ「白馬さんの明見神社」と親しまれています。



明見神社07

明見神社06明見神社08明見神社09明見神社10


ナナモリ(普b-01)s御祭神は天御中主命

境内には他に山王宮 明見宮・山神宮石・白馬舎があり、
拝殿裏手の少し高い位置に総欅造りの朱の三間社流造本殿があります。



江戸時代の「駿河記」に妙見社とあるように、
古くは妙見(明見)信仰の社でもあったことから白馬舎の横には馬頭観音が並び、
御祭神の神像は亀にのった天女姿の妙見菩薩像となっているそうです。

明見神社11


明見神社12明見神社14明見神社15明見神社21



ナナモリ(楽)s伝承によりますと慶長以前に秀坂長者が、
一族の守護神として山頂に祀ったのが始まりといわれ、
慶長年間は日向山頂上に社殿がありましたが寛文2年に隣の明見山へ遷座されます。

当時の社殿はとても荘厳美麗であったそうですが、
文化3年(1806)野火により焼失してしまいました。



明見神社17

明見神社16明見神社20明見神社18明見神社19




ナナモリ(楽2)sその後、明治16年(1883)に再建される際、
参拝者の便を計り現在の場所に遷座再建され、
昭和57年に遷座百年を記念し大鳥居・拝殿・白馬舎が建立されました。

また馬の守護神としても信仰され例祭時になりますと、
近年まで付近の農家は農耕馬をひいて参拝したそうです。


明見神社22



明見神社23

日向山神社から富士宮方面の景色


明見神社24

左・明見山 右・日向山 





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示