◎あちこち神社◎
topimage

2017-09

今日より爽秋の候、九月です。 - 2017.09.01 Fri

2017道端03

今日より爽秋の候の長月です。

日中はまだ暑さの名残を感じますが、
最近はずいぶん朝夕はだいぶ涼しくなってまいりまして、
ここ数日は冷房の必要の無い日が続いています。

これからは更に厳しかった夏の日差しも、
爽やかな秋風とともに和らいで、
秋の気配も濃くなって行くのでしょうね。

季節の変わり目です。
お風邪などお召しになりませんようご自愛くださいませ。
皆様の秋が実り多きものとなりますよう、お祈り申し上げます。

それでは今月もどうぞよろしくお願いします(o´ω`o)









○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






静岡茶コーラ、秋葉神社にて - 2017.08.29 Tue

秋葉神社・お茶コーラ01

ここでちょっと秋葉神社上社の他の施設のご紹介です(o´ω`o)ノ


秋葉神社・お茶コーラ02

大鳥居の在る第一駐車場から本殿を目指して参道を歩き階段を登り、
最初に見えてくる建物が秋葉茶屋と休憩所です。

鉄筋コンクリートで白い頑丈そうな建物です(*´Д`)

秋葉神社・お茶コーラ03

この茶屋では秋葉神社や地元の特産、
静岡県の名物などが売っています。

秋葉神社の名物はこの「秋葉もみじこんにゃく」のようです。
秋葉山の麓、春野町栽培された山椒が練りこまれ、
もみじの形のこんにゃくになっています。


秋葉神社・お茶コーラ04

そして、通常の営業時間は終了していました(ノ∀`)(笑
あっでもティータイムセットは営業中です。

この茶屋はいろいろな軽食メニューが用意されていまして、
うどんそばにカレー,丼ものなどのオーソドックスなものから、
特産のしいたけを使った大しいたけ天重、大椎茸蕎麦・うどん、
お土産品にある秋葉もみじこんにゃくのもみじ田楽がありました。

もみじ田楽はちょっといただいてみたかったです(´・ω・`)ざんねん

秋葉神社・お茶コーラ05

そして、他に面白そうなものが無いかと物色して見つけたのが「静岡茶コーラ」ですっ!(-_☆)

コーラっぽくない色ですが、
なんとなくコーラっぽい味がして、
なんとなくお茶っぽい香りもあるかんじで、
味の説明の難しい静岡茶コーラでした(笑(*´Д`)でも不思議と美味しかったです♪

秋葉神社・お茶コーラ06

他にも本殿左手は展望台となっていまして、
秋葉山頂から遠く遠州灘までの雄大な景色が楽しめるようになっています。


秋葉神社・お茶コーラ07

たぶんずっと先に見えてるような感じがするのが太平洋です。

他はさっぱりわかりませんでした(笑

秋葉神社・お茶コーラ08

そんな感じの神社以外の施設のでした(o´ω`o)



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





▼秋葉山本宮秋葉神社(上社)-神恵岩・天狗の皿投げ▼ - 2017.08.25 Fri

秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社01

秋葉神社上社の本殿周辺の見所のご紹介です。

秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社03

ナナモリ(驚)s金の鳥居と本殿への階段の間にある存在感のある大岩は「神恵岩」です。

実は、この岩は秋葉山系より産出された大きな火打石で、
手前に設置してある火打ち金でこの岩を叩き、
厄除け、清め、防火などの願掛けをします。


また、毎年12月15日から16日にかけて執り行われる「秋葉の火まつり(防火祭)」では、
多くの人々が訪れ防火を祈り、また諸厄諸病の難を逃れようと祈りを捧げます。


秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社04

秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社02秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社08秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社09秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社10


ナナモリ(普b)s神恵岩の後ろに並んである社は末社の内宮社・外宮社・祓戸社です。

このなかでも内宮社については1800年頃に編纂された地誌、
掛川藩領内の地理や歴史、経済などを網羅した掛川志稿に、
「天照太神」を祀る」と記載があり古くから祀られていたことがわかります。


また、三つの社の前にある「丁」と「酉」の砂文字は清めの砂で書かれています。

秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社05秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社06秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社07秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社11



秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社13

秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社14秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社15秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社16秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社17秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社18




ナナモリ(普)s本殿右手、舞殿の後ろには七つの末社が並んでいます。


右手から山神社・白山社・風神社・小國社、
山姥社・水神社・天神社と並んでお祀りされています。


山姥社は秋葉神社の名所旧跡の一つ「機織井(はたおりのい)」に由来のある社で、
如何なる時にも枯れないと伝えられるこの井戸の傍で、
山内に住み神へ奉納する衣を織った山姥が御祭神として祀られています。


秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社12




秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社19

秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社20秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社21秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社22


ナナモリ(普b-01)s手水者手前に設置してあるのは「天狗の皿投げ」という願掛け用のかわらけです。

言い伝えでは昔、秋葉山に住む天狗が皿を投げて願力を競っていたと云われており、
その様子は「東海道名所之内 秋葉山」(河鍋暁斉 画)において江戸時代の秋葉山の光景と、
秋葉大権現に仕える天狗が宴会を繰り広げるユーモラスな姿が描かれています。


現在では「天狗の皿投げみくじ」となっており、
お皿三枚とおみくじ一枚を取り、
手水舎奥の崖から願いの書いたかわらけを、
目標の輪に目掛けて投げて願掛けできるようになっています。


秋葉神社・かわらけ投げ-摂末社23











○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





▼秋葉山本宮秋葉神社(上社)・本殿▼ - 2017.08.20 Sun

秋葉神社・上社本殿01

秋葉神社・上社本殿02秋葉神社・上社本殿04秋葉神社・上社本殿03秋葉神社・上社本殿05



ナナモリ(楽2手2)s静岡県浜松市天竜区春野町領家の秋葉山の山頂付近にある秋葉神社上社です。

日本全国に存在する秋葉神社や秋葉大権現、
秋葉寺のその事実上の信仰の起源となった神社であり、
越後栃尾秋葉山の秋葉三尺坊大権現と並び今の根本と言われています。


秋葉山は上古より神体山・霊山として仰がれ、
創建時期には諸説あり定かではないですが社殿が初めて建立されたのは、
元明天皇より「あなたふと 秋葉の山にまし坐せる この日の本の 火防ぎの神」と御製を賜り、
和銅2年(709年)に社殿が建立されたと伝えられています。

創建の異説としましては「行基が秋に開山したことによる」、「焼畑に由来する」、
「蝦蟇の背に秋葉の文字が浮かび上がった」など幾つかの説があります。


秋葉神社・上社本殿06秋葉神社・上社本殿07秋葉神社・上社本殿08秋葉神社・上社本殿09



秋葉神社・上社本殿14


秋葉神社・上社本殿10秋葉神社・上社本殿11秋葉神社・上社本殿12秋葉神社・上社本殿13


ナナモリ(普b-01)s御祭神は火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)

秋葉山に鎮まる神で「秋葉大神」(あきはのおおかみ)「秋葉権現」とも称され、
江戸時代までは秋葉権現を祀る秋葉権現社と、
観世音菩薩を本尊とする秋葉寺が同じ境内にある神仏習合の山でした。


境内にある珍しい黄金の鳥居は「幸福の鳥居」と呼ばれるもので、
かつて江戸時代から昭和の初め頃まであった井伊家寄進の金銅鳥居に因み、
平成5年(1993年)皇太子殿下御成婚記念として新たに建立されてものです。


秋葉神社・上社本殿15秋葉神社・上社本殿16秋葉神社・上社本殿17秋葉神社・上社本殿18




秋葉神社・上社本殿19

秋葉神社・上社本殿21秋葉神社・上社本殿22秋葉神社・上社本殿23秋葉神社・上社本殿24



ナナモリ(楽3)s現在の社殿は1986年(昭和61年)に建立されたものです。

かつてこの山頂には本社と観音堂を中心に本坊・多宝塔など多くの建物が建ち並び、
江戸時代には「火防(ひぶせ)の神」として日本全国より信仰を集めるようになり、
大火に見舞われた江戸には数多くの秋葉講が結成され、
大勢の参詣者が秋葉大権現を目指す賑わいはお伊勢参りにも匹敵するものであったそうで、
全国から秋葉大権現に通じる道は秋葉路や秋葉街道と呼ばれる道が通じていました。

しかし、1943年(昭和18年)に山麓から発生した山火事の類焼により本殿東側の山門を除く建物全てを焼失し、
戦中戦後は再建も容易ではなく山麓の気田川の畔に現在の下社を造営し、
長い間その祭祀を継続することになります。

その後、多くの方の御尽力や地元の方の努力により、
1986年(昭和61年)に現在の山上の社殿が再建され、
この山頂へ通じる林道の整備も成ったため秋葉山本宮秋葉神社として再興を果たしました。

秋葉神社・上社本殿25




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ








残暑お見舞い申し上げます、と三輪素麺。 - 2017.08.16 Wed

暑中見舞い2017-01

残暑お見舞い申し上げます。

立秋を過ぎ、
朝夕にはすこし秋風が感じられるようになってまいりました。
皆様はお健やかにお過ごしでしょうか。

今年は残暑が長引くそうですから、
九月近くになってきましたら、
また真夏の暑さが帰ってきそうですね(ノ∀`)

今の時期は夏の疲れが出やすい頃ですので、
どうぞご自愛のうえお過ごし下さいませ。

晩夏


暑中見舞い2017-02

暑い日が続いていた先日、
奈良大神神社近くにあるお素麺の有名店「森正」へ行ってきました♪
たぶん二度か三度目ですヾ(@^▽^@)ノ

店内は屋敷のお庭にテーブルと椅子を置いてあるオープンテラスのような感じで、
冷房が無くても涼しく感じる心地のよう空間となっています。

暑中見舞い2017-03

そしてこちらが三輪素麺の「ひやしそうめん」で、
勾玉の形に素麺を盛り付け、具材として玉子・海老・椎茸が乗っています。

見た目からも涼感たっぷりですが、
ツルッとしたコシのある素麺を生姜たっぷりの麺つゆにつけていただきますと、
さらに涼しさを感じられ夏の蒸し暑さを忘れさせてくれます(o´ω`o)

暑中見舞い2017-04

こちらは友達が注文しした「ひやし長そうめん」と「柿の葉寿司」です。

なにが長いのかはよくわからなかったのですが、
たぶんお素麺が長いのでしょう(笑

こちらは素麺が最初から冷たいおつゆに入っていて、
上には粟麩・三つ葉・椎茸・海老・みょうが・おくらが乗っています。
卵焼きっぽくに見えるのが粟麩というものです。

粟麩がおいしそうでした(*´Д`)いつかどこかでいただいてみたいと思います、絶対(笑

こういうお素麺のいただき方も良いですね~
家でも真似してみようかと思います(-_☆)


○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示